« 気ままなEURの旅(Strasbourg) | Main | 気ままなEURの旅(Köln) »

September 04, 2016

気ままなEURの旅(Strasbourg②)

街や建物の雰囲気はColmarに似ているけど、うーんちょっと違うなぁ。。。
Strasbourgの方がもっとしっかりした造りのようにも見えるし、やっぱりStrasbourgはアルザス地方の中でも都会sign03 街の中心には大聖堂もあるので人も多いし観光客も多い(*゚▽゚)ノ

(最高気温19℃、最低気温12℃)この日の服装は、
長Tボーダー、デニムスカート、レギンス、スニーカー。寒いときだけ首回りに薄手のストールを巻いていました。夜は薄手のパーカーを羽織るぐらい。

Strasbourg

横断歩道で信号待ちしている間に写真を撮っていたら、いきなりトラムが現れたっsweat01
ホント、ストラスブールのトラムは青虫っぽくてかわいいなぁ・・・(;´▽`A``

こちらがストラスブール大聖堂。
ゴシック建築でアルザスでは群を抜いて大きな建物です。堂内のステンドグラスもとても美しく、パイプオルガン、天文時計などもありましたheart04

ストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂

この日は日曜日で観光名所、お土産屋さん、飲食店のみが営業している状態なので、週末をどの街にもってくるか(=どこで過ごすか)・・・これが今回旅のプランニングで最大の悩みでした。だってスーパーでさえクローズしてしまうんですものsweat02
最終的に、大聖堂のあるストラスブールを週末にもってきて、観光と移動日にあてました。

ウィンドーショッピングが出来たのは、土曜日の2時間ぐらい。
あー、あの時に買っておけばよかったな・・というお店がいくつかあって、ドイツにはないお店だったので、それはちょっと心残り。また、いつか訪れるときがあるといいなぁ。。。

タルティーヌ

こちらはランチ。
奥まったところにあるこじんまりとしたカフェに人だかりを見つけたので入ってみることにしました。お店はテラス席も店内も満席状態ですごくにぎわっていました。日曜日なので家族連れやカップル、女性同士が多かったです。

見渡すかぎり観光客はいなさそうで、”ジモティーばかりだね。きっと美味しいよ!”と2人でワクワクしながらメニューに目を通すとフラ語メニューだったので、英語のメニューがあるか聞いてメニューを持ってきてもらい注文しました。

タルティーヌ

みんなこんな感じのものを食べていました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

私たちは冷たいの(左)と温かいの(右)をそれぞれ注文して、1つずつ交換して食べました。これはタルティーヌ(←オープンサンドという意味)と呼ばれる食べ物で、あとで調べてわかったんだけど、こちらのお店はタルティーヌ(Tartine)専門店で有名なお店だったようです。
だから、あんなに人が混雑していたようで、待たずに入れたのはラッキーでしたheart04

上にのっているのはパテのような感じで、どちらも美味しかったです。個人的には温かい方が好みかな。意外にボリュームがあってお腹いっぱいになりました(*´v゚*)ゞ

L'Epicerie (ストラスブール)
6 rue du Vieux Seigle, 67000, Strasbourg, France
月~日:11:30am~1:30am

« 気ままなEURの旅(Strasbourg) | Main | 気ままなEURの旅(Köln) »

Travel」カテゴリの記事

Blog parts

  • にほんブログ村へ
無料ブログはココログ