« June 2016 | Main | August 2016 »

July 2016

July 30, 2016

気ままなEURの旅(Turckheim/Niedermorschwihr)

ファブリックのお店のおじさんを待っていたためコルマール滞在時間がちょっと長くなったけど、日が長いから気にしない~(*゚▽゚)ノ

次の宿泊先Obernai(オベルネ)に向けて、途中Turckheim(テュルクハイム)にあるStaub本社&アウトレットと Niedermorschwihr(ニーデルモルシュヴィル)に立ち寄りますcar
のどかな風景のドライブが気持ちよかった~

Turckheim

Staub本社&アウトレット

初日ケルンへ移動する途中、デュッセンドルフのStaubアウトレットにも一応立ち寄って値段だけはチェックしていましたgood
期待していたTurckheimのアウトレット。でもSALEの時期だというのに、思っていたほど安くないなぁ~って感じ。でも、せっかくだからheavyだけど買っちゃおうかと話しながら楽天チェックしてみたら、楽天の方が安いんだけど・・・という話になって今回は断念することにしましたsweat02
私たちの訪れた時期では、デュッセンドルフの方がリーズナブルでした( ^ω^ )

★Zwilling Staub France Boutique Turckheim
(Staub本社&アウトレット)
2 Rue de l'Huilerie, 68230 Turckheim
月~土:10:00~12:30、14:00~18:30

★Zwilling Messer und Bestecke Outlet
Grünewalderstraße 14-22 42657 Solingen / NRW Deutschland
月~金:9:30~18:30
土曜日:9:30~14:00

Niedermorschwihr

Maison Ferber

さて目的をひとつ果たしたので、次はジャムを買いにNiedermorschwihr(ニーデルモルシュヴィル)へ。Google Mapを見ながらたどり着いたんだけど、まったく人がいません。”場所はココを指しているんだけど変だね。行列なんてないんだけど・・・ホントにここなの?”と言いながら、しばし二人でわさわさしながら近辺を歩きまわりました(;´▽`A``

10分弱ほど探し回ったけど、それらしき店は見つからず恐る恐る最初に到着した店の中をのぞいてみると、やっぱりココでしたsweat01

店内にはジャム、チョコレート、ケーキ、惣菜、本、食器、雑貨等が販売されてありました。
当たり前なんだけど、全ての表記がフラ語なのでわかんないなーって思っていたら、お店の人が中で販売してあるこちらのお店の紹介本(日本語版)を持ってきてくれましたshine
ありがたくその本と照らし合わせながら、ジャムを選ばさせていただきました~

Maison Ferber

★Maison Ferber(メゾン・フェルベール)
18 rue des Trois Epis, 68230 Niedermorschwihr
火~金:7:00~12:30、14:00~18:30
土曜日:7:00~18:00
日曜日:9:00~13:00

ここでも、お土産用と自分用にジャムを購入゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
Staubを出たのが確か17時過ぎていたと思うから、私たちがお店を訪れたのは閉店に近い時間帯だったと思います。外が明るいので、ぜんぜん時間の感覚がなく、時計を見ればいいんだけど見ることすら忘れて楽しんでいますcoldsweats01

やっとこの後、宿泊先のB&Bへと向かいました~

 Niedermorschwihr

 Niedermorschwihr

July 25, 2016

気ままなEURの旅(Colmar②)

コルマール滞在の続きです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

夜遅くまで明るいのでプラプラしていたら、あっという間に時間は過ぎていて、いつも慌てて食べるところを探していますsweat01
とりあえず、地元料理を食べようと空いているレストランを見つけて入りました。メニューはよく覚えていないけど、簡単なコース料理を注文。結論から言うとここは、”失敗”でした(;;;´Д`)

(2枚目画像)アルザス地方の郷土料理 シュークルート(Choucroute)。
キャベツを千切りにした漬物と一緒に、数種類のソーセージ、数種類の部位の豚肉、特にもも肉をキャベツにのせて蒸し焼きにしたものだそうです。私たち専用のポットがあってお代わりが出来るようでしたけど、このプレートすら食べきることができませんでしたsweat02

(3枚目画像)デザート。何種類かある中からこれ選んじゃいました。下のシュークリームの皮みたいなのがブランデーに思いっきり浸かっていて酔っちゃいそうです。アルコールが大丈夫の方にはOKだと思いますが、アルコールがダメな私は上のホイップクリームだけ食べておしまいwobbly

コルマール夜ご飯

Choucroute

コルマール夜ご飯

翌朝、気を取りなおして朝ごはんを食べるために屋内マルシェ(Marche Couvert)へと向かいました。おそらく朝10時前後だったかな。もうこの時間帯には人もまばらでしたけど、美味しそうなものはたくさんありましたよheart04
季節的に終わりかけだけど白アスパラが旬だそうです。普通のグリーンアスパラもだけど、どちらもかなり大きいサイズでびっくりしました。

私はお隣のお店で買ったキッシュ(ほうれん草とサーモン)をテイクアウトして、コーヒーをオーダーしてシェアしました。プレートにのってるのはグラタンとサラダです(*´v゚*)ゞ

Marche Couvert

Marche Couvert

Marche Couvert

Marche Couvert

Marche Couvert

マルシェではお土産と自分用にアルザス地方産のはちみつを購入。結構、大きいサイズだったから重いsweat02 我が家は砂糖の代わりにはちみつを利用しているので、はちみつは必需品なのですsign03

朝ごはんを食べている間、どうも外ではゲリラ雨が降っていたようで、お買い物しながら窓の外を見ると、昨日のボート遊覧にたくさんの人が乗っていましたが、みんな傘をさしていてちょっと気の毒に感じました。

Patisserie Gilg

Patisserie Gilg

マルシェを堪能した後は、昨日チェックしていたSweetsのお店 Patisserie Gilg へ。
ここではお土産のSweetsと、自分たち用にマカロンとエクレア、ケーキを買って外のベンチでコーヒーと一緒に食べましたdelicious このために朝食を軽くした私たち。2人とも大満足shine

コルマールは田舎の小さな街だけど、やはりフランスですね。馬鹿にしてはいけない美味しさです。もう少しお菓子を買っておけばよかったな~と後で後悔しちゃいました(ノ_-。)

 Colmar

Colmar

Colmar

Colmar

その後はお土産屋さんでウィンドーショッピング。 コルマールには古くから「コウノトリが巣を家に造ると幸せが舞い込む」という言い伝えが語り継がれているようで、街のあちこちにコウノトリにまつわるお土産品を見かけました。なんだか微笑ましいheart02

あと、アルザスの食器もたくさんありましたよ。
日本で事前に値段をチェックしていたので、現地とどのくらい値段の幅があるのかな、、なんて思いながら比較して見てきました。幸い私の好みの食器ではないので、ただ見るだけでしたけどねw

他のお店だけど、自分用と実家用にテーブルクロスを購入しました。
ファブリックの種類が豊富でとってもかわいかったです。途中、お店のおじさんがランチで家に帰ったので、戻ってくる時間を聞いてそれに合わせて再度訪問して購入note
私が選んだのは、プロバンス(ニース)風のデザインでイエローをベースとしたカラフルな感じ。実家は同じデザインで色違いのアイボリー系を選びました。

Colmar

Colmar

お買い物もすんだので、近くの公園にやってきてひと休み。気温も昨日より高く気持ちよかったです。

(最高気温21℃、最低気温13℃)この日の服装は、
七分丈T、カシミヤ混Vセーター、綿パンツ、スニーカー+寒いときだけ首に巻く薄手のストールって感じです。日中ストールはほとんど使わなかったかな。

Colmar

Colmar

July 24, 2016

気ままなEURの旅(Colmar)

今年はいつアメリカに行こうかな~とプランを立てている中、いきなりヨーロッパ行きが浮上。どこに行こうかと考えていると、「ここよかったよ」と提案してもらったのがフランスのアルザス地方。どれどれ・・・と調べてみると、こじんまりとした小さな町がたくさんあってパリとは全く異なる雰囲気が気に入ったので行き先はアルザスに決定(*゚▽゚)ノ
どのルートで回ろうか悩んでいて、結局決まったのが出発4日前。出発間際にバタバタと泊まるところ探して予約して、そして出発~airplane

NH

NH機内食

NH機内食

フライトは全日空を利用。
成田からの直行便でデュッセンドルフ入りし、アルザスへはレンタカーで移動します。
NHの国際線CAって若い方が多くてびっくりしました。国内線並みですね。

あと驚いたのが、料理が下敷きみたいなのに写真付きで表記されてあってリクエストする際にA/Bどちらかを言うみたいです。私は普通にビーフ(A)と言ったんだけど、食べるときにふたを開けてみるとパエリア(B/シーフード)がきていましたsweat01 Bって聞こえたんでしょうね。
それよりパエリア(お米)とパンを一緒に食べるって、、、すごくないですsign02 両方炭水化物なんだけど(;´▽`A``

味はうーん、残念ながら美味しくなかったです(ノω・、)
単に北米線に慣れているからかもしれないけど、次回行くときはキャリア変えて行ってみようと思います。

レンタカー

レンタカー

レンタカーは予め予約していてピックアップが夕方になってしまったのが幸いし、クラスアップしてメルセデスのEクラスでした~shine

到着日はケルンに滞在し、翌朝近くの公園をぷらぷら散歩したあとアルザスへと向かいました。公園内には野生の白鳥親子が日向ぼっこしていましたよ。かわいかったです~heart04
心配していたお天気はなんとか持ちなおして青空で出発!
ドイツのアウトバーンってほとんど制限がないんだけど、フランスはきちんと速度制限があるので国境を超えた後は注意が必要ですsign03

ケルン公園

Autobahn

ケルン市内から約4.5HぐらいでColmar(コルマール)に到着。
コルマールは「ハウルの動く城」の舞台になった街だそうです。途中アウトバーンでは、ちらほら雨が降っていたりしていたけどコルマールでは雨は降っていませんでした。あつい雲がかかっていてケルンとは大違い!こんなに違うんだsweat02

コルマールはこじんまりとした街で、1日あればだいたい回れると思います。フランスのコルマールは"花の咲く町"として認定されているそうで、お花であれふています。かつてはドイツ領であったコルマールは、ドイツとの国境近くにある町でもあるため、フランスとドイツ両方の文化が入り混じった感じです。
最初訪れた時には、絵葉書そのまんまの風景に思わず感動しちゃいましたnote
私たちは夕方着いたので、翌日のお昼過ぎぐらいまでこの街に滞在していました。

(最高気温20℃、最低気温11℃)この日の服装は、
七分丈のレースカットソー、デニムスカート、レギンス、スニーカー+首回りに薄手のストールを巻いていました。
また、朝晩冷えるときは追加でユニの薄手UVパーカーを羽織る感じでOK。

*レギンスって日本人だ!って思われるイメージがあったんだけど、意外にケルンでは日本と同じようにスカートの下にレギンス着ている現地女子を何人か見かけました。もちろん、そのままパンツみたいに履いている人もいるんだけどね。

Colmar

Colmar

Colmar

小さな舟に乗って運河クルーズ。 所要時間は、だいたい30分程度かな。
私たちが乗船した時間は夕方17時~18時の間だったと思います。特に予約せずにボート乗り場を見つけて6€払ってボートに乗り込みました。

この時期は白夜なので22時ぐらいまで外は明るいです。
昼間はこのボートにたくさんの人が乗っていたんだけど、夕方近くだと乗船したのは私たちとアメリカ人カップルのみ。ほぼチャーター状態でしたheart01
もし、このボートに乗る機会があれば、ぜったい一番前の席がおススメです(*´v゚*)ゞ
私は一番前の席で、ずっと動画を撮っていました~

little Venice

little Venice

宿泊先はBooking.comから予約しました。
目をつけていた物件があったのですが予約済みになったため、あわてて別の物件を予約。

こちらはホテルに隣接したアパートメントタイプで、間際予約だったのでかなりリーズナブルな価格で予約できました。しかし、部屋が広すぎて1泊の滞在では全部の部屋を使いこなすことは不可能でした。そうそうここはプライベートガーデンもありましたΣ(・ω・ノ)ノ!
チェックインした時にちらっとお庭に出た程度で終わりましたけどねcoldsweats01

Colmar stay

Colmar stay

« June 2016 | Main | August 2016 »

Blog parts

  • にほんブログ村へ
無料ブログはココログ