December 04, 2016

Bonn

デュッセンドルフの視察を終え、午後からボンという街へ移動しましたrvcardash
宿泊先は前日夜に予約して、今回はHilton Bonnにしました。海外ではB&BやAirbnb利用が多かったので、久しぶりにホテル泊です(*^ω^*)ノ彡

マルクト広場

Bonnはこじんまりとした街で、ドイツが東西に分かれていた時、西ドイツの首都だった場所です。観光地をまわっていないのでよくわかりませんが、デュッセンドルフやケルンと比べると田舎だけど住みやすそうな街だなぁーっていうのが第一印象。あと、若い人が意外に多くて、癖のないアクセントの英語を話してくれる人が多かったです。たまたまかもしれないけど・・・sweat02
んー、、、田舎っていうこともあり、ピュアな人が多いのかな。。

Bonn

ボンには土曜日泊で翌日が日曜日。ドイツは日曜日どこのお店も閉まってしまいますので、日曜日をどこの街に滞在してどう過ごすか・・・これすごく大切です(;´▽`A``

 

用事が終わったので、夜ご飯を食べそこなわないようにマルクト広場にやってきました。ヒルトンからも徒歩10分弱くらいで便利です。でも、ここに行こう!と思って調べてきたお店がなぜかCLOSEしていたので、結局ドイツ生まれのイタリアンチェーン店”Vapiano(ヴァピアーノ)”に行くことにしました。

Vapiano

ハードスケジュールだったので、あっさりしたものが食べたいんだけどと思いつつ、オーダーしたのはラザニアときのこのクリームリゾット。お米が食べたかったからリゾットになりましたsweat01

ここはカフェテリア形式で、入り口でチップカードをもらってセルフで食事や飲み物をオーダーし、出来たらカウンターで受け取る。支払いはレジカウンターでカードを渡して精算。味付けも作っている人と「これ入れる?あれ入れる?」なんて会話しながら作ってくれるので好みの味に仕上がりますし、美味しいですshine

お店によって内装の雰囲気は異なるけどおしゃれな感じです。
パスタやピザの種類も豊富だし、リーズナブルなので人気のチェーン店ですね。ここBonnでも週末だったこともあって、どこのカウンターも結構並んでいました。

Bonn

Bonn

Bonn

翌朝日曜日。朝食を食べようとまたマルクトにやってきましたけど、どこのお店も閉まっているので誰一人いません((・(ェ)・;))
パン屋はあいているようですが、探して回ったけどこの通りにないみたいだったのでホテル近くまで戻って近くにあったパン屋さんでイートインしました。

Bonn

パン屋さんには次から次へとお客さんがやってきていました。
サンドイッチを大量に事前予約して受け取りに来る人が多かったです~。私も好きなパンを選んで中の具材もこれとこれって感じで作ってもらいましたheart04
subwayみたいですね(*´v゚*)ゞ

ランチはホテルの目の前にあったベトナム料理店で生春巻きとフォーを食べました。あっさりしていて、これも美味しかったですdelicious

Bonn

Bonn

November 23, 2016

Düsseldorf

今年2回目のヨーロッパnote
まさか続けて訪れるとは思ってもいませんでした。それもドイツに・・・((・(ェ)・;))
2週間前に行くことが決まり、その後なかなかスケジュールが決まらず、とりあえず慌てて出発前日に宿泊先を抑えましたsweat01

フライトはFinnairを利用してヘルシンキ経由でデュッセンドルフへ。
初日は空港から近くてレビューがよかったところを予約しておきました。これは夜の8時前後だったと思うけど、日が長いので明るいですね。ステイ先はドイツの木の家を近代化した感じの外観でとってもかわいいですheart04

デュッセンドルフ

デュッセンドルフ

デュッセンドルフ

こちらは2組のゲスト受入で朝食はリクエストベースのB&B。中に入ってみると室内は外観とは異なり、木の温もりと大きな窓からの光で解放感がたっぷり。気持ちいいわ~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

ゲストルームは見た目Webと同じだけど、イメージと違ってちょっと狭いですねsweat02
凄腕カメラマンのマジックにひっかかっちゃいました∑(゚∇゚|||)

デュッセンドルフ

寛ぐ前に夜ご飯を食べないといけないので、オーナーにどこか食べるところが近くにあるか聞いて、荷物を置いたらすぐに出かけましたrvcardashdash

レストランがいくつかまとまった場所があったので、1軒1軒どんなお店かメニューと雰囲気を見比べながら見てまわって、決めたお店はスペイン料理。このお店と隣のイタリアンがすごくにぎわっていました。メニューが全てドイツ語でしたので、店員さんにおススメを教えてもらいながら注文すると、バラエティプレートらしきものが運ばれてきました。いろんなものが楽しめてよかったです。店員さんが英語が話せたので助かりました~shine

デュッセンドルフ

今回の旅の移動はBMWです。翌日は、市内をいろいろと視察してきました。
デュッセルドルフには日系企業が多いとは知っていましたが、すれ違う人がほぼ日本人だったのには驚きましたΣ(・ω・ノ)ノ!
ここはドイツ?日本だっけ?と思うくらい。土曜日の朝だったからかしら・・・小さな子供やBaby連れの家族が多かったです。

BMW

デュッセンドルフ

デュッセンドルフ

November 12, 2016

うなぎ(博多と三島)

今年は冬が寒かったから、夏は暑くなるでしょう・・・という気象庁の予想通り、猛暑の日が多かったし、久しぶりに熱中症になるかと思いましたヾ(;´Д`A

この夏の暑さを乗りきるためには、やっぱり「鰻」ですねsign03
うなぎは好きなのでよく食べるのですが、今夏はホントよく食べました~
博多っ子グルメと言えば、とんこつラーメン、もつ鍋、水炊き、めんたいこ、一口餃子etc.が一般的には有名だけど、うなぎも有名で美味しんですよ。

吉塚うなぎ屋

こちらは老舗のお店のひとつで、昔から通っているところです。
吉塚うなぎ屋 〒810-0801 福岡市博多区中洲2丁目8番27号

早めに行ったのですが、この日も結構人が並んでいて、約30分ほど待って席に案内されました。特うな重(きも吸付)を頼んで食べました。外は香ばしく中はふわっふわで、自分の好みに合わせて、たれをつけて食べます。私はつけだれ派ですが、たれをかけて食べても美味しいですよ(*゚▽゚)ノ

吉塚うなぎ屋

今までうなぎは福岡でしか食べたことがなかったんだけど、”三島のうなぎも美味しいよ”と聞いていたので、近くに行ったときにせっかくだから食べに行ってきましたdelicious
”普通のうな重だとありきたりだし、めずらしい食べ方があるから”と言われて連れて行ってもらいました~rvcar

今回お伺いしたお店は、うな繁 さん(*^ω^*)ノ彡
ランチタイムも過ぎていたので、お店に入るとすぐに席に案内してもらいました。そこで注文したのは「石焼丼」。器が石窯なので、ずっとアツアツ状態で食べれるのがイイですねheart04

石焼丼

石焼丼

お店の方から食べ方をきくと、”1杯目はそのままで、2杯目は山芋、わさびで、3杯目はお茶漬けでお召し上がりください”とのことでした。福岡で言う”鯛茶”の食べ方に似ているな~と思いながら、言われたとおりに食べていきました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

確かに、うなぎは外はカリッと中はふわっふわでボリュームがあって美味しかったですheart01
また、富士のふもとですので、わさびが美味しいですね~
お水が美味しいので、ご飯も美味しい゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
博多うなぎも美味しいけど、三島うなぎも美味しいし、甲乙つけがたいですね。

石焼丼

石焼丼のいいところは、うなぎが美味しいのはもちろんだけど、楽しみながら食べれたのがさらによかったような気がします。三島に行かれる機会があれば、ぜひお試しください~

帰りに、せっかく富士山の近くに来たんだし、パワースポットがないかしら?と思って調べて訪れたのが來宮神社。小さな神社だと思っていたら、観光客が多くてびっくりしましたsweat01
神社内はセルフで写真撮影ができるよう、スマホ台がところどころに設置してあったり、モダンなカフェがあったりで、世代を超えた参拝者への神域づくりに感心しました。

來宮神社

來宮神社

祖母の長寿と健康を願って、一番奥にある「大楠」にも会いに行ってきました。神秘的な雰囲気の中にそびえ立つ「大楠」から、わたしもたくさんパワーチャージしてきました(*´v゚*)ゞ
祖母のために健康お守りを1つ購入して帰って来たんだけど、また行く機会があったらいくつか買って周りの人にも配ってあげようと思いましたshine

November 05, 2016

Finnair

久しぶりにヨーロッパを満喫したなぁ~と思ったら、翌月また行くことになりました。今回は視察なので、なんとなくBusiness tripのような感じです(*´v゚*)ゞ

出発2週間前に急に決まったことなので手配もバタバタsweat01
その間東京行きもあって、とりあえずフライトだけ先におさえて、宿泊は前日に予約しました。今回は福岡から新しく就航したFinnairを利用note
ちょっぴりタイトなスケジュールですが、せっかく行くんだから楽しまないと~

Finnair

機内に乗り込むと、さすがフィンランド航空sign03
アメニティがマリメッコ三昧でかわいい~。ブランケットも紙コップもマリメッコですshine

もう、ヘルシンキに着く前にテンションあがっちゃいますね。一気に興奮してしまったせいか、乗ってすぐ深い眠りについてしまいランチをスキップ。眠ってしまう前に、ちょっとだけCAの方とネイルデザインの話題で盛り上がっていたので、目を覚ましたら「チキンしかないけど、、、」と言って機内食を持ってきてくれました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
機内食も前回利用した航空会社より美味しいし、CAもフレンドリーで気に入りましたnote

Finnair

Finnair

Finnair

スナックやチョコは置いてあるものを自由にセルフで取りに行くスタイルです。
福岡発ヘルシンキ行の機内は結構ガラガラで、途中からみんな席をあちこちに移動して、ゆっくりくつろいでいたので、疲れることなくヘルシンキに到着しましたヽ(´▽`)/
帰りはあまり覚えていないけど、行きよりは人は多かったような記憶がありますsweat01

Finnair

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港は2つのターミナルがあって、私の場合トランジットが同じターミナルだったのでスムーズに手続きが行えました。また、空港内はフライト情報や搭乗案内のアナウンスが廃止されているので、全て掲示板で確認することになります。
乗り継ぎがある方は、必ず掲示板を見て目的のゲートに移動するようにしてくださいね。

あと、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港で驚いたのは待合席が少ないこと。
全くないわけではありませんが、他の空港と比べると席数はかなり少ないです。有料でカフェやレストランを利用して座るという感じで、空港内は人であふれかえっていました。

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

もう一つ驚いたのは、トイレが1Fではなく2Fにあります。最初はわからなくて探しましたsweat02
トイレに行ったおかげで見つけたんだけど、お国がフィンランドということでムーミンミュージアムがトイレ横に設置してありました(*゚▽゚)ノ
1Fのムーミンショップはたくさんの人がいたんだけど、2Fのミュージアムには誰もいませんでした。みんなにあまり知られていないのかもしれませんね。もったいないなぁ~

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

待ち時間の間、お土産屋さんをぷらぷら見ていて、こんなに大きなチュッパチャップスをはじめてみました∑(゚∇゚|||) こんなの買う人がいるのだろうか?と思いきや、意外に大人のおじさんたちが買って持っているのを見かけました。お土産かしら。。。

さて、ここからまた90分ほどのフライトで目的地を目指しますairplane

チュッパチャップス

«久しぶりの再会⑦

Blog parts

  • にほんブログ村へ
無料ブログはココログ